浄水器は完璧じゃない

浄水器の特徴を紹介

浄水器は完璧じゃない!ほんとに低コスト?

浄水器では全ての汚染物質を除去できません。

浄水器として一般的に流行っているのが水道の蛇口に取り付ける最も簡単なフィルタータイプの機器です。これには活性炭フィルター、中空糸膜フィルター、セラミックフィルターがあります。ここで把握しておきたいのが、フィルターは定期的に交換しないと細菌がわき、汚れてしまうということ。定期的なメンテナンスをしないなら、むしろそのまま飲んだ方が安全です。そのためコストもそれなりに掛かります。

活性炭フィルター

活性炭フィルターは、活性炭を素材にしたフィルター使い、水道水に混入している微細なゴミやカビ臭、塩素などを取り除きます。多少水の味がよくなり、安全度も若干上がります。しかし有害物質のトリハロメタンを完全に除去することはできません。

中空糸膜フィルター

中空糸膜フィルターは、水道の蛇口に取り付ける最も簡単なフィルタータイプの機器です。水道水に混入している微細なゴミやカビ臭、塩素などを取り除くので多少水の味が良くなります。フィルターの網の目は後述するセラミックと比べる細かくありません。

セラミックフィルター

セラミックフィルターには、肉眼では見ることができない位小さな穴が無数に開いており、小さな危険物質を取り除きます。しかし、デメリットもあり鉄サビなどを除去する時には不向きです。

逆浸透膜方式

逆浸透膜方式は、浸透膜の働きを利用して純水を生成します。医療用としても需要があり、医療用加湿器など細菌が存在してはまずい場合の機器などに使われています。そのためミネラル、無害な細菌まで取り除いてしまいます。安全という保証はありますが、おいしくありません。また、費用も年間で数万円掛かかりますので一般家庭には必要ないでしょう。

かかる費用

正直どれも完璧なものはありません。また、浄水器の年間のコストはいくらでしょうか?もし年間3万円以上掛かっているなら、天然水のレンタルウォーターサーバーをオススメします。飲用だけなら月3000円程度のコストですから、浄水器のメンテナンス代を考えればそれほど大きな差はなく、しかも安全でおいしいのです。元々美味しくない水を改善するより、おいしい天然水に切り替える方が得だと思います。

安全と美味しさを求めるならウォーターサーバーがオススメです。